自分は、今年の、3月20日に決心した。

自らの余生(30年間)を、災害の可能性がある、

富士山、南海トラフ、等の沿岸部をお守りして行こうと。

昨日は、呼ばれるようにして、「河口浅間神社」と「母の白滝」へ

行ってきた。

何と、そこで分かったのは、貞観(じょうがん)6年5月(864年)

に富士山噴火、それを鎮めるために建立された神社である。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)に導かれるように、この数か月内に

2度もお参りしている。

富士山の地中に眠る「爆発・噴火」のエネルギーを放出するべく、

現地で、「狼の遠吠え」を、15回は行ってきた。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)