癒しのサーヤン

「健康」「明朗」「繁栄」をお祈りしております‼

月: 2020年4月 Page 1 of 2

”結界”(宮崎県沿岸部)

本日も、宮崎県沿岸部の「結界」を強めた。

3月から始めた、この「結界」を張る事業も、関わって頂いている

方は、私も含めて11人で構成されている。

遠隔でエネルギーを送れることを基本としている。

名付けて「遠隔ヒーラーお助け隊」である。

今は、メンバー皆さんにも、ボランティアで関わって頂いている。

私の、「国の、世界の、平和を守りたい」という主旨にご賛同いただき、

ホント!頭の下がる思いである。

実は、今日の遠隔では、少し、やり方を変えてみた。

皆さんのエネルギーを松果体で受けていると、私の身が持たない!

そこで考案したのが、頭上に、エネルギーの球体をイメージし、

集まってくる、皆さんのエネルギーを、一手に、その球体に集め、

現地の「結界」にスコッと落とし込む方法である。

今日は、六芒星の隅ずみに綺麗に落とせた感がある。

宮崎県沿岸部「結界図」

「遠隔ヒーラーお助け隊」のメンバーを紹介する。

岩城 透子(とうこ)さん:レイキ・ヒーラー

「八大龍王(はちだいりゅうおん)が正式名称」を信奉する。

◎北海道帯広市で開業

◎対面し、その方の波動を掴み、ヒーリングへ

◎レイキでも、互いに、良い波動を流し合う。

阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼうだい)と唱えることで有名

”自己肯定感”その2

そんな時に出会った、マーフィーの法則を伝えて、大阪で大ブレイクしている、ミカリンこと(大江美香さん)から授けられた魔法の言葉、

私の書いたものですが、以下、(①② )の中を書き換えてください。

「自分自身を批判したり、非難したくなったときには、すぐに

『私の内なるスピリット(神)をたたえます。』と唱えます。私は、

(① 母 )に(②母が私を管理したい感情へ怒り)を抱いた自分を

許し、(① 母 )には内なるスピリット(神)の恵みがあるように

願っています。今(① 母 )のことを思うときは、いつも内なる

スピリット(神)の祝福を願います。」

これを就寝前や起き抜けに読むと、不思議と湧いてくる感情が、「母への感謝」しかないのである。

身体の弱かった私をオンブして、病院へ連れていってくれた、母の背中を思い出すと、今でも涙が止まらない。

身内、特に、親子間で癒されていない感情、心があると、”自己肯定感”がまったく高まらない。

これが漸く払拭されてきた、私は、自分自身に「自信」がもてるようになって来ていることを、確かに自覚している。

”自己肯定感”その1

「何をやっても上手くいかない」「自信が無くて、人の輪に入っていけない」「人にお金の請求をしずらい」など

自分に自信が持てない方っていませんか?

それは、幼い時の自分(インナーチャイルド)が癒されていないことが多いです。

私も、以前は、母に何かと辛く当たってしまう、辛辣な言葉を言ってしまう自分がいました。

それは、インナーチャイルドとは違うかもしれませんが、

中学3年?高校1年?の頃、彼女が出来て、毎日。日記を付けていた時期があります。

ある日、日記の位置が幾分かズレていたので、母に、「自分の日記見た?」と聞いたら、最初は、否定していましたが、見たことを認め、終いには、「日記を見るのは、親の監護のもと、当たり前」と言われたんです。

何でもない会話のように見えますが、15~16歳の佐々木少年にとっては、実は、とても、ショックだったんです。

「何をやっても、監視されてしまうんだ」

それ以来、私は、表面上は、母と普通に接しているように見えて、ともすると、心配で掛ける、母の言葉一つ一つに、何故だか反発して切れてしまう自分がいました。

※続きは次回その2へ

”結界”(大分県沿岸部)

今日は、大分県沿岸部の結界を強めた。

11:55からの5分間に引き続きやるのが、

「狼の遠吠え」である。

狼は。「大神」が語源で、神に擬せられる動物の中でも、新の神と考えられていた。

その狼の遠吠えをすることで、地下に眠る、地震や噴火のエネルギーを

放出してしまう、という行いである。

最近では、長野や釧路で、軽度の地震があったようだが、

エネルギーの放出という意味では、軽めのものは大歓迎である。

大分県沿岸部結界図

「遠隔ヒーラーお助け隊」(仮称)

本日も、メンバーの一人、

岩城 透子(とうこ)さんを紹介する。

彼女は、レイキヒーラーである。

また。「エンパス」でもある。

聞きなれない言葉だと思うので注釈を貼り付ける。

エンパスとは、empathy(共感、感情移入)の力、empath=共感力のこと。 共感力という言葉の意味だけ捉えると、相手の気持ちを理解したり、推しはかったりしながら、寄り添う力の事のようですが、エンパスと言う場合は、相手の感情やエネルギーに対して敏感で、共感力が人並み外れて強いことを指します。

ある意味、人並外れた、高い能力を持っている。

これを活かして、ヒーリングに繋げる訳である。

※続きは次回へ

”結界”(愛媛県海岸沿い)

本日は、愛媛県の海岸沿いの結界を強めた。

11:55から、いつものように、遠隔からエネルギーを送ることの出来る能力者の方々から、同時間に、エネルギーをいただき現地へ送る。

正直、今日もフラフラになった。数名の方々でも、送られてくるエネルギーが半端なく凄い!

身体は熱くなる、目まいもしてくる、自身を、もっと高めていく必要性を痛感した。

ある方に言われたことがある。⇒「寝不足で体調の良くない、波動の上がらない状態で、何人ものエネルギーを松果体で受けていたら死んでしまうよ!!」

それまでやっていた、介護施設の夜勤は、3月一杯で即辞めた。

「遠隔ヒーラーお助け隊」(仮称)のメンバーは、現在、約10人

ご本人の了解を得られた方を、順次、ご紹介する。

名前:岩城 透子

居所:北海道帯広市

職業:ヒーラー

特技:間近で行うヒーリングが得意。

※私も、知り合って、まだ、1週間程です。これからが、楽しみです。

ZOOM、LINE,Messengerを使えば、顔を見ながら、ヒーリングも出来る。もう、日本国中、距離など関係なし!

これからも、皆さんの、特徴をドンドン紹介していきます。

”福拾い”

私のyou-tube投稿「福拾い」に、視聴者の方からコメントをいただいた

「煙草のポイ捨ても蜜蜂も気になっています。今日は私も福拾いしてみました。」とのコメントをいただき、

→素晴らしいですね!!感じたことを、すぐ行動に移せる方って、実は、そんなに多くないと感じています。というより、平素から訓練されていないと行動へは、すぐスイッチは切り変わらないんでよね(;^ω^)

この「福拾い」という言葉は、

私が、以前、参加したビーチクリーン(砂浜を練り歩き、隅々までゴミを拾い集める活動)で知り合った、通称:キムチンという男性が放った言葉である。

それは、「落ちているゴミを拾うと、その分だけ、”福”が舞い降りる」

という、とても素敵な意味がある。

是非、流行らせたい言葉である。

”結界”(高知県海岸沿い)

本日は、高知県の海岸沿いに「結界」を張り巡らした。

氣功師、(レイキ)ヒーラー、など、数々の能力者の方々に、

ご参加いただき、11:55から一斉に送り始めた。

1~2分後であろうか、急に身体が熱くなり始めた。

皆さんの、「氣・エネルギー」が集まって来てるなぁ!

と思わされる瞬間だった。

私は、皆さんのエネルギーを松果体で受けて、余すことなく、

図・画像を通して、現地にお投げした。

私も、皆さんに関わって頂いている以上、いい加減な事は出来ない。

責任感からか、一生懸命やり過ぎて、今日は少しフラフラに

なったのを覚えている。

この調子で、人知れず、日本全国、否、世界中の災害可能性のある箇所

に「結界」を張って、封印する所存である。

高知県沿岸部結界図

”ありがとう”は最強の言葉

1ケ月前に、妻が、自転車で転び、右手首を骨折した。

何とも、痛ましい、複雑骨折であった。

家で、また、外来時に、毎日、波動・エネルギーを流し続けた。

実は、人の痛みを取る時、必ず、やらなければならない動作がある。

それは、自分に入り込んだ邪気を、即、抜くことである。

時間が無いことを理由に、数日間、それを怠っていた私に、襲ってきた

ものは、妻と同じ個所の激痛であった。

近くの、コンビニに買い物に行くにも、ほぼ、片手運転、ハンドルに手

を添えることさえも出来ない程の痛みが走った。

私の氣功・ヒーリングは、大概の痛みを取り払うに充分な筈だった。

ふと考えた!

どんなタイミングでこの症状が襲って来たかを。

あっ⁈

〇〇法人会の辞任届を作成している最中に急に痛くなったことを思い出した。

では、半信半疑で、法人会の理事長に”ありがとう”×33回を何度も言ってみた。

すると、あれだけの顔を歪める程の痛みが、スーと消えてゆくではないか⁈

やはり、”ありがとう”感謝は、この世で最強・最高の言葉である。

今、思うと、あの痛みは何だったのだろうか?

恐らくだが、妻の痛み(悪い波動)と理事長の悪い念が重なり、この症状に繋がったか。(ほんの4時間くらいの不思議な現象であった)

何となく心がホッコリしませんか⁈

動物さんの松果体

老犬”ジョシュアちゃん”~その3

ハイヤーセルフと繋がると、次々に、言葉が降りてくる。

ジョシュアちゃんの時も然り、

「飼い主のお母さんが、夜でも呼べば、自分を甲斐甲斐しく

世話してくれるので、ついつい甘えてしまう。」と伝えてくれた。

私は、そのままを、飼い主の奥様に伝えた。

奥様曰く、「確かに、長年、飼っているジョシュアが可愛く、呼ばれれば、甲斐甲斐しく、下の世話をしていました」とおっしゃった。

そこでアドバイス、「彼は、奥様に甘えています。夜、呼ばれても、遠目から見守ってください。その代わり、彼の眼の光り具合を見てください」と伝えた。

それからである、彼が夜な夜な、飼い主を起こすことなく、聞き分けが良くなり、おまけに、昼間は、足をバタバタさせて、エサをねだるようになった。

今までとは打って変わったジョシュアちゃんの様子に、飼い主様も驚かれた。

それから、約2ケ月が経ったある日、飼い主の奥様からお電話で、

「ジョシュアは、先日、眠るように旅立ちました。先生から、氣を流していただいてからは、お互い、良い気持ちで、過ごすことが出来ました」とお礼をいただきました。

ジョシュアちゃん、また、次の世界で、奥様と再会出来るといいですね!安らかにお眠りください!!  

動物さんの松果体

老犬”ジョシュアちゃん”~その2

初めて、飼い主様から、お電話いただいた、

その時の内容は、

夜な夜な、「ウオーウオー」鳴いて妻を起こすので、

妻の体力が、このままだと持たない、何とかして欲しい!でした。

即、氣功でエネルギーをジョシュアちゃんに投げ始めた。

しかしながら、老衰のため、一向に効かない、というより、一週間経っても、彼に何の変化も現れない。

大概の、動物さんは、3日あれば、必ず、「目に光が点じる」などの

兆候があった。

そこで、私は考えた、ジョシュアちゃんのハイヤーセルフと会話をしてみようと。

⇒続きは、その3へ

ハイヤーセルフ(高次元の自分)とつながる

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén